必要な作業|乗り物を賢く買取ってもらうために必要な事│中古漁船を売る方法
婦人

乗り物を賢く買取ってもらうために必要な事│中古漁船を売る方法

必要な作業

模型と鍵

自動車の廃車に関してですが、自動車を使うのをやめたり、すでに解体していたり盗まれたりした場合には、ある手続きを行う必要があります。廃車手続きは、解体をする場合と再び使う場合で手続きの種類が分かれます。永久抹消登録は解体してある場合に行えます。盗難された場合は一時的に使うことを中止する、一時抹消登録をしましょう。自動車を日本から他の国に輸出する場合は、輸出抹消仮登録をします。一時抹消登録して自動車リサイクル法にそってちゃんと解体をした時は、解体届出を近くの運輸支局に届けなければいけません。一言に廃車と言っても、いろいろな手続きがあるので自分がどの手続きをしなければいけないのかをしっかり確認しておきましょう。永久抹消登録の流れについてですが、まず解体処理を済ませてしまいましょう。車の前後についているナンバープレートと必要書類を管轄の運輸支局まで持っていき永久抹消登録の申請をします。ここで注意なのですが、リサイクル業者から解体が終わったという連絡を聞いてから15日以内に手続きをしてください。自賠責保険の期間が一定の期間よりも多く残っていれば保険会社に行き申請しましょう。余った期間分の保険料が戻ってきます。一時抹消登録も管轄の運輸支局で申請をしてきます。一時抹消登録後にまた使う時は中古新規登録をする必要があるので、再使用する際は忘れないように気を付けましょう。廃車手続きには登録手数料や用紙代がかかるのでお金も持っていくようにしましょう。